FC2ブログ

かほりのなかまたち

(旧 神楽坂Kahoriブログ)

ホームページはこちら → 神楽坂Kahori (別ウィンドウで開きます)

店休のお知らせ 

いつも、当ショップkahoriのご利用、誠にありがとうございます。

さて、明後日6月27日(日)は、第4日曜日となっておりますので、お店はお休みさせていただきます。
お客様には大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。


                               

スポンサーサイト



第2回フラワーレメディお話会を終えて・・・ 


フラワーレメディを勉強されている皆さんから、的確なレメディ選択がなかなか出来ない・
とても迷って絞れないなどなど・・・というお声をよくお聞きします。

先日のお話会の中心は、
    
       「レメディの植物をよく観察し、全体像をイメージする」

その練習としまして、ミムラスとオリーブのお話をさせていただきました。


ミムラス(Mimulus)の指標として、
   具体的に分かっていることに対する恐れ・不安などに・・・・
と書かれている書籍やパンフレットをよく見かけます。

   <参考>
 Mimulus ・・・ Fright of specific, known things: animals, heights, pain etc, nervous, shy people


実際、イギリスや北米のいろいろな場所でミムラスを観ましたが、それらの指標はミムラスの一部であり、ミムラスという植物は、私たちにもっともっと多くを語りかけてくれていると思います。
もちろん、指標はレメディを選択する際に参考にはなりますが、やはり、言葉の表現には限界があります。


                               043.gif

お話会終了後・・・・ お話会に参加された方から、

「ルノワールの愛したオリーブの木のお話を聞いて、南仏に行きたくなりました」
というご意見を頂き、本当にありがとうございました。

先月スタートしました今回のお話会は、10月まで続きます。
今後も出来るだけ、レメディ植物のお話をさせていただきたいと思っておりますので、是非次回もお楽しみに

6月のレメディお話会と、Basicセミナーは明後日です。 


いつも、神楽坂kahoriのご利用、誠にありがとうございます。
明後日の日曜日(6/20)は…

    ① 2010年フラワーレメディお話会  11:00~13:30頃まで

    ② フラワーレメディBasic (第3回)  15:00~17:30頃まで

2つのセミナーがございます。(なお、予約受付はすでに終了しております)


                              054.gif

今回も、午前中のお話会では植物の素敵なお話を、出来るだけたくさんさせていただきたいと思っています。
 
そしてBasicセミナーは最終回ですので、レメディを上手に選択する練習を、数々の症例・ケースを用いて、お話しさせていただく予定です。
どうぞ、お楽しみに・・・

なお、ショップの方はお休みとさせていただきますので、 お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご了承くださいますよう お願い申しあげます。

虫除けアロマスプレーを作ってみませんか? 


蚊など、虫が気になる季節になってきました。

実は植物の香り(特にハーブと呼ばれる薬草類)には、人間には心地良い香りと感じても、虫には苦手な匂いがあります。

植物は自分の体を害虫などから守るため、虫の嫌いな香りを出して自分を守っています。

 

ハーブから抽出したエッセンシャルオイル(精油)には、殺虫剤のように虫を殺す働きはありませんが、蚊などの昆虫は、特定のエッセンシャルオイルの香りを嫌います。

こうしたエッセンシャルオイル(精油)の香りを身にまとうことで、蚊は近寄るのを嫌がるようになるため、虫に刺されにくくなります(これを昆虫忌避作用と言います

 

例えば、シトロネラやユーカリレモンというエッセンシャルオイルには、蚊が嫌う“シトロネラール”や“シトロネロール”という成分を多く含んでいます。


            

ちょっと脱線・・・

シトロネラールとはテルペン系アルデヒド類。
 シトロネロールはモノテルペンアルコール類。

名称は似ていますが化学分類上は別のグループです。

蚊のみならずノミ、ダニなどは“シトロネラール”と“シトロネロール”などの成分を非常に嫌います。

 


                           ☆ ☆ ☆
                             


エッセンシャルオイル(精油)には化学薬品を使った殺虫剤ほど強力な効果は期待できませんが、もともと自然界に存在しているものなので、環境にも人間にも優しい防虫剤として利用することができます。

 

それらの性質を利用して作るのが、心強い味方の手作り虫除けアロマスプレーです。
アロマスプレーは簡単に出来ますので、出かける前に作ってシュッとひとふり。

室内だけではなく、野外キャンプやバーベキュー、お散歩などに携帯すると便利です。


                     

 

   市販の虫除けスプレーには、「ディート(Deet)」という薬品が含まれています。

   ディートは元々、第二次世界大戦直後に、蚊を媒介にしたマラリア感染から兵士を
   守るためにアメリカ軍が開発したものです。その後、市販の虫よけ剤にも使われる
   ようになり、世界中で普及しましたが、近年ではその有害性が指摘されています。

   傷口や唇などに触れた場合、体内に吸収され、他の薬品と併用すると神経障害など
   を
発症することがあると言われており、特にカナダでは小さな子供への使用が
   厳しく制限されています。

   日本でも、子供には虫よけスプレーの手や顔への使用を避ける等のアドバイスが、
   厚生労働省や国民健康センターから発表されています。

                                


                                  




昆虫忌避作用のある成分を多く含むエッセンシャルオイル(精油)は・・・

ユーカリレモン(ユーカリシトリオドラEucalyptus citriodora)、シトロネラ、

レモングラス、ゼラニウム、クローブ、コリアンダー、ローズマリーカンファー、

ラバンジンなど

 

この中から23種類を選び、虫除けアロマスプレーを作ります。

アロマスプレーは肌に吹きかけるだけでなく、網戸やカーテンなどに使用するなど、エッセンシャルオイルの香りを楽しみながら、虫除けをすることもできます。

手作り虫除けアロマスプレーで、虫刺されなどのストレスを吹き飛ばして、今年も思いっきり夏を満喫してはいかがでしょうか?

 

4cd0ff7d237c16a0[1]

 

 

虫除けアロマスプレーは当ショップkahoriのミニ講座で1本作り,お持ち帰り頂けます。

5分程度で作成できますので、お気軽にお立ち寄り下さい。

 

                     1050 - 

          ( 50ml手作り虫除けアロマスプレー、作り方説明書、スプレーボトル用ラベル付き)

 

 

<注 意>

 手作り虫除けアロマスプレーは、市販の「虫よけ製品・薬品」に比べますと、効果はマイルドで作用時間も短いため、カバンの中に持ち歩いて、必要に応じてこまめにシュッとかけてください。

 アルコールに対するアレルギーのある場合、皮膚に傷口がある箇所、乳幼児、ペットへのスプレー使用には十分ご注意ください。

 スプレーする前に、ボトルをよく振ってください。
 直射日光を避け涼しい場所に保管し、できれば10日間ほどで使い切るようにしてください。

(なお冷蔵庫に保管すれば、スプレーするたびにひんやり気持ちいいです。


フィトセラピーセミナー受付終了のお知らせ 


昨日ご案内いたしましたフィトセラピーセミナー、受付を終了させていただきました。

しばらくぶりにお話しさせていただくフィトセラピーセミナー、たくさんの皆様に参加ご希望のご連絡をいただきまして、ありがとうございました。深くお礼を申し上げます。
なお、スペースの関係で多くの皆様にお断りをさせていただいたこと、本当に申し訳ございませんがご了承いただけますようお願い申し上げます。
050.gif


kahoriでは今秋(日程は未定ですが・・・)、フィトセラピーセミナーなど企画させていただきますので、是非ご参加くださいますよう、スタッフ一同心よりお待ち申し上げます。


f70af3ad8520dcc4.jpg 


キャンセル待ちは引き続き受付させていただきますので、興味のあるお客様は、メールもしくはお電話でお申込みいただけますと幸いです。
今後とも、kahoriをどうぞ宜しくお願い申し上げます。



フィトセラピーセミナーのご案内 


いつも神楽坂kahoriをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
昨年に続き、久々のフィトセラピーセミナーのご案内です。

      
023.gif        

まだ薬がなかった時代、世界中の人々は自然の中での学びと経験によって、どの植物が傷や病気に対して効き目があるかを探りあて治療に活かしてきました。

こうして得た知恵と経験を何世代にも渡って受け継ぎ、植物による療法を確立していきました。
その知恵が、西洋ではアロマテラピーやハーブ療法として、東洋では漢方薬として、現代に受け継がれています。

ところで、フィトセラピーとは?
  

phyto”とは植物、”therapy”とは療法を意味します。

 

ハーブティーやチンキ剤浸出油を用いるハーブ療法・アロマセラピー(芳香療法)そしてバッチフラワー(花療法)や食事療法など、植物を使った様々な療法を総合的に習得して、もっと幅広く、植物全体の力を心身の健康と暮らしに活かすためのセミナーです。

さて、今回のテーマは・・・ 
   
         「ひとのカラダと植物の癒し」  と題しまして、


植物と人間との関わりを、メディカルハーバリスト&薬剤師の立場から、いつものように分かりやすくお話したいと思います。
なお参加をご希望される場合には、お早めのご予約をお勧め致します。

☆  ☆  ☆

開催日: 2010年7月18日(日曜日) 午後1時~午後3時半頃まで 
                  

 会場:新宿区白銀町1-6 1階 かほ里内  
     TEL & FAX : 03-6457-5624  
        e-mail: kahori@ap.wakwak.com 


 参加費は、4,500円となります。  事前にメールまたは店頭にてご予約をお願い致します。



26a1717ff05ed3ca.jpg

  

水出しハーブティー、販売開始となります。 

「手軽に失敗なく出来て、美味しいハーブティーが飲みたい」というお客様の声から、
当ショップkahoriのオリジナル水出しハーブティーが誕生しました。
おかげさまで毎年ご好評をいただいております水出しハーブティー、
2010年の今年は、6月5日(土)より販売させていただきます。

60838d28714f9d0e.jpg



カフェインを全く含まない水出しハーブティーは、水を注いで
冷蔵庫に4~6時間入れておくだけです。


合成甘味料など全く使用しておりません。もちろん無添加・無香料、
100%ナチュラルの厳選した安心・安全なハーブのみをブレンドしております。
  

                     107.gif

今年は、3種類のお味をご用意いたしました。


フルーツバスケット
不規則な食事をしがちな夏の季節。まずはいっぱいのハーブティーからはじめてみては、いかがでしょうか?
さわやかなフルーツの甘みは、お子様にもきっと喜んで頂けると思います。
また、ダイエット中の方にもデザート代わりにおススメいたします。
      
       <内容> アップルフレーバー(乾燥りんご)・オレンジピール(温州みかん)・
            エルダーベリー・シナモン・フェンネル・レモンピール

カフェシコレ
今年、新たに登場しました。フランスの洒落たカフェでの一杯をイメージしてみました。
濃いめに作るとアイスコーヒー、薄め に作ると麦茶っぽい感じです。でも、カフェインは含まれていません。
この一杯で、ハーブティーのこれまでのイメージが変わるかもしれません。

       
       <内容> チコリ・レモングラス・ローズヒップ・エルダーベリー・ルイボス・
            マリーゴールド・ロータス・アップルフレーバー(乾燥りんご)

カフェルビー2010
水出しシリーズでは、毎年一番人気の赤い色のハーブティーです。
ハイビスカスとスペアミントの絶妙なバランスをどうぞ。
疲れた身体と心の回復に、スポーツ後のビタミン補給にもおススメいたします。
       
       <内容> ハイビスカス・ローズヒップ・エルダーベリー・スペアミント・
            コーンフラワー・アップルフレーバー(乾燥りんご)

  
       
          各種: ¥840 /  20g              \1680 / 50g      



                        この夏も是非、kahoriオリジナル水出しハーブティーをお楽しみ下さい。
     

   
      

                           

7月勝浦セミナーにつきまして 


いつも、kahoriのご利用、誠にありがとうございます。
 
さて、今春にblog内で募集させていただきました、「勝浦セミナー」に関しまして、
多くの参加ご希望をいただきまして、本当にありがとうございました。
しかし諸事情により、今回の勝浦でのセミナーは中止させていただくことになりました。

多くの皆さまにご迷惑をおかけいたしましたことを、深くお詫び申し上げます。


f9fac538b26c1ba0.jpg   


今後とも、kahoriをどうぞ宜しくお願い致します。
 
検索フォーム
プロフィール

KagurazakaKahori

Author:KagurazakaKahori

営業時間は、Webサイト「お店のご案内」をご覧ください。

ハーブには、人の心と体を癒す力があります。人は森で生活していたころから、さまざまなハーブを用いてきました。
この200年ほどは、人工的な生活環境で過ごしていますが、長い森の生活の遺伝子は、まだまだ変わっていません。
kahoriは、現代社会でのさまざまな違和感を解消するために、ハーブの調合、フラワーレメディ(花療法)、そしてアロマテラピーを融合させて効果を高めたいと考えています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード