FC2ブログ

かほりのなかまたち

(旧 神楽坂Kahoriブログ)

ホームページはこちら → 神楽坂Kahori (別ウィンドウで開きます)

「ケモタイプ」のお話 

ケモタイプ(化学種)

ケモタイプとはChymo(化学)とtype(種類)を合わせた造語です。

同じ植物(同学名の植物)でも、原産国や地域が異なった生育環境のもとでは芳香成分が異なったり、芳香成分の含有量が異なったりします。

植物の学名だけでは、芳香成分の働きや作用を最も重要な要素とするアロマテラピーには単純に使えないとする観点から、より科学的に分析した一部のエッセンシャルオイルに適用される呼び名です。

代表的なケモタイプが名前につくエッセンシャルオイルに、ローズマリーやタイムがあります。

 

ケモタイプが存在する大きな理由として、以下のような環境要因が考えられます。
 ・植物の生育場所
 ・受粉および生育過程
 ・気候条件など

日照りが多く雨が少ない気候でも、栄養分の少ない土壌に生育しても、また虫が多く飛来して葉を食いあさることがあっても、植物は定位置で、出来る限りその過酷な環境の中で生き延びていく涙ぐましい努力をしています。

例えば、ゼラニウムは、虫が多く発生した時には、虫に食われる被害を抑えるため、シトロネラールを多く作り出します。なぜなら、シトロネラールには昆虫忌避作用があるからです。

虫が嫌がる匂いを作り出し、シトロネラールを揮発することで、回りに生育している植物に虫の飛来を伝える役割も果たしているようです。

このように、同じ学名の植物でも自然環境の違うところに生育したものを、成分分析してみると、その自然環境に適合した成分が植物から検出されます。

これらを、「ケモタイプ(化学種)」と呼んでいます。

 

3434e35ad327964c.jpg

 

植物はその地域特有の病気・寄生虫・環境などに対して、抵抗性を獲得します。

そして、その場所において自分たちの種が一番良い状態で生育できるよう、自ら最適化を行っています。これもまた、進化の一種ではないでしょうか?

ケモタイプは、蒸留時に人為的に手を加えたものではありません。何か成分を添加してもだめですし、除去してもいけません。

その科学的な差異は、自然に植物の中でのみ起こったものです。


同じ学名のニアウリでも、芳香成分のネロリドールが30%%含有されているエッセンシャルオイルをニアウリCT1、ネロリドールが60%含有されているエッセンシャルオイルをニアウリCT2と呼んでケモタイプ別(CT別)に区別します。

最近では、ケモタイプ別の名前とは関係無く、芳香成分カンファーの含有量が多いローズマリーを一般名としてローズマリ・カンファーとか、芳香成分リナロールの含有量が多いタイムを一般名としてタイム・リナロールとか呼ぶようになってきています。

一般名が同じでも学名が違うことから、一般名に学名の一部をつけて呼ぶ場合は、芳香成分が違っていてもケモタイプとは呼びません。

ユーカリ・グロブルスとユーカリ・ラディアタは同じユーカリでも学名が違い、ユーカリの後に学名の一部である、グロブルスやラディアタと名前をつけています。


✿ ちなみに「ケモタイプ=高品質品」と勘違いされている方が多いようですが、これは全くの誤解ですので、ご注意ください。

 

bb9a110b5e45629a.jpg 

 

香りの好き嫌いだけでエッセンシャルオイルを使用するのも、立派なアロマテラピーです。

しかし、より安全で効果的なメディカルアロマテラピーをお考えの際には、どうぞ当ショップKahoriのアロマテラピストにご相談ください。

                            フラワーレメディだけじゃないピョンピョンでした

 

 

 

スポンサーサイト



コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
プロフィール

KagurazakaKahori

Author:KagurazakaKahori

営業時間は、Webサイト「お店のご案内」をご覧ください。

ハーブには、人の心と体を癒す力があります。人は森で生活していたころから、さまざまなハーブを用いてきました。
この200年ほどは、人工的な生活環境で過ごしていますが、長い森の生活の遺伝子は、まだまだ変わっていません。
kahoriは、現代社会でのさまざまな違和感を解消するために、ハーブの調合、フラワーレメディ(花療法)、そしてアロマテラピーを融合させて効果を高めたいと考えています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード