FC2ブログ

かほりのなかまたち

(旧 神楽坂Kahoriブログ)

ホームページはこちら → 神楽坂Kahori (別ウィンドウで開きます)

秋の花粉症 

 

花粉症は春先ばかりではありません。
秋に花粉症の症状を訴える人も多いのです。

秋の花粉症は春の花粉症と同じく、「くしゃみ」、「鼻水」、「鼻づまり」、「目のかゆみ」が4大症状となります。
また、症状が一定せず、悪化したり軽快したりを繰り返すことも特徴です。


夏の暑さによって体力や免疫力が低下し、秋に入って体調を崩す人も多く、
花粉症の症状が重くなってしまうケースがあることから花粉症対策をしっかりして

おきたいものです。

 

秋の花粉症にはどのような植物が関係しているのでしょうか?

スギやヒノキなど、“木”の花粉によって起こる春の花粉症と違うのは、
秋花粉症は、アメリカ外来種の「ブタクサ」、「ヨモギ」、つる性植物「カナムグラ」など、 空き地や河川敷に群生している“草”の花粉が原因です。



4aad02ebe0c63616.jpg

 

 

 

 

 

例えば、これらの草が生い茂っている場所の近くを通った後で、
症状が悪化し、自宅に帰れば軽快するなどの変化が見られれば、

秋花粉症の可能性が高いと考えられます!


もっとも、秋花粉症の原因となる植物は背の低い雑草なので、

春のスギやヒノキなど樹木の花粉に比べ、飛散数は少なく、

飛ぶ距離や飛ぶ期間も短いのが特徴です。

そのため、これらの草が生い茂っているような場所には近づかないようにすれば、
対策にそれほど神経質になる必要はないでしょう♪
 

8e165ca3156ca2d0.jpg  

ハイキングなどで郊外に出かけるときは、
マスクやメガネなどで接触を防ぐことも大切です

  

秋にもいくつか原因植物がありますが、秋を乗り越えれば花粉があまり飛ばない

冬の季節になります。花粉対策を忘れないで正しい対処をすれば重篤にならずに

過ごせます、きっと・・・

例えば、メディカルハーブ療法やアロマテラピーも花粉対策の一つになります。

スポンサーサイト



コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
プロフィール

KagurazakaKahori

Author:KagurazakaKahori

営業時間は、Webサイト「お店のご案内」をご覧ください。

ハーブには、人の心と体を癒す力があります。人は森で生活していたころから、さまざまなハーブを用いてきました。
この200年ほどは、人工的な生活環境で過ごしていますが、長い森の生活の遺伝子は、まだまだ変わっていません。
kahoriは、現代社会でのさまざまな違和感を解消するために、ハーブの調合、フラワーレメディ(花療法)、そしてアロマテラピーを融合させて効果を高めたいと考えています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード