FC2ブログ

かほりのなかまたち

(旧 神楽坂Kahoriブログ)

ホームページはこちら → 神楽坂Kahori (別ウィンドウで開きます)

フランス産の「チコリ」を使った新作ブレンドティーのご案内 

 

バッチフラワーレメディでもお馴染みのチコリ(英名:chicory、学名:Cichorium intybus)は、別名キクニガナ(菊苦菜)とも呼ばれ、キク科の多年生野菜です。高さは50150cm位で青~薄紫色の花を付けるものが多いです。

原産はヨーロッパから中央アジアにかけてですが、アメリカに持ち込まれて帰化し、北米では道路際や牧草地、麦畑脇にチコリが生えているのをよく見かけます。ピョンピョンが、「赤毛のアン」で有名なカナダのプリンス・エドワード島へ行った時(かなり昔ですが・・・)も、路傍はこの花で一杯でした。島のカナダ人はなぜか、チコリをBlue-sailors ブルー・セーラーズと呼んでいました。

137be549a8763110.jpg 

 

葉や根には独特の苦味があり、白菜に似た白い部分は主に野菜サラダとして、根を炒ったものはコーヒーの風味づけやハーブティーとして飲みます。近縁種としてエンダイブ(C. endivia)があります。ちなみにチコリーは多年草ですが、エンダイブは一年草です。

 

 

ところで、「フェイクコーヒー」というものをご存知ですか?

これは名前の如く偽物のコーヒー・・・なのですが、コーヒー豆以外から作るコーヒーに似たものをこう呼びます。

チコリの根の部分をコーヒーとして飲み始めたのは第二次世界大戦中だと言われています。

戦時中、コーヒー豆の輸入が困難になり、その代わりとしてチコリの根を焙煎しコーヒーとして飲んでいたようです。

 

今でもチコリは、ノンカフェイン飲料としてヨーロッパではよく飲まれています。

チコリの根は刻んで焙煎し、熱湯で淹れるとコーヒーに似た色がでます。

焙煎により甘みとかすかな酸味・苦味も引き出され、コーヒーのような、それでいてお茶のような味がお楽しみいただけます。

                ☆

 

ヨーロッパでは、チコリは、肝臓疾患・リウマチ・糖尿病予防として、また「便秘のためのハーブ」としてよく知られています。

 

その理由は、含有している水溶性植物繊維「イヌリン」です。

自然療法の世界ではイヌリンを“天然のインスリン”と呼ばれることもあります。

多くの野菜や果物がイヌリンを含有していますが、特に多いのがニンニク、ニラ、タマネギです。その中でもチコリの含有量は群を抜いています。

 

f24dabf1e8e09fc4.jpg

 

Kahoriには、今週、フランス産有機栽培チコリ(焙煎済み)が入荷します。

秋の新作ハーブティーは、このチコリを使ったオリジナルブレンドを予定しております。ハーブティーなのに、コーヒー味?

毎日コーヒーは飲みたいのだけれど、カフェインが・・・という方や、夕食後に眠りを妨げない飲み物がほしい・・・という方にもお勧めです。

 

10月初旬に販売を開始いたしますので、どうぞ、お楽しみに

 

 

スポンサーサイト



コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
プロフィール

KagurazakaKahori

Author:KagurazakaKahori

営業時間は、Webサイト「お店のご案内」をご覧ください。

ハーブには、人の心と体を癒す力があります。人は森で生活していたころから、さまざまなハーブを用いてきました。
この200年ほどは、人工的な生活環境で過ごしていますが、長い森の生活の遺伝子は、まだまだ変わっていません。
kahoriは、現代社会でのさまざまな違和感を解消するために、ハーブの調合、フラワーレメディ(花療法)、そしてアロマテラピーを融合させて効果を高めたいと考えています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード