FC2ブログ

かほりのなかまたち

(旧 神楽坂Kahoriブログ)

ホームページはこちら → 神楽坂Kahori (別ウィンドウで開きます)

2010年フラワーレメディお話会のご案内 

いつも、当ショップkahoriのご利用、誠にありがとうございます。

 

007.gif

 

2009年より本年3月までのお話会(10回シリーズ)には、多くの皆様にご参加いただき、本当にありがとうございました。

さて、お話会に参加できなかった皆様、そしてすでに数回参加された皆様からのリクエストをいただき、今回は5回にまとめたkahori流フラワーレメディお話会を開催させていただくことになりました。

     遠方のため、また仕事の関係であまり時間がとれないのでもっと短い時間でレメディを

         知りたいなどのお声を頂きました・・(ご意見をいただきまして有難うございました)

5561fb00bcfb0470.jpg

 

 

フラワーレメディは1930年代にイギリス人バッチ博士によって初めて確立され、やがて世界中に広まって行きました。バッチ博士は、西洋医学の医師そして細菌学者でもありました。

フラワーレメディは、お花の持つエネルギーが人々の心に働きかけ、心のバランスを整え癒すことによって、本来の自分らしさを取り戻していくことを手伝ってくれます。
心の状態が癒されると自然治癒力も高まり、その結果、病気も治癒する方向にむかうとバッチ博士は考えたのです。ちなみに・・・

※ 英語で「病気」は「disease」= 安らぎが失われた状態を意味します。

※ 病気は心の状態に起因しているということを、人間は古くから知っていまし

  た。そのため、昔から「病は気から」と言われています。

 

バッチフラワーは、基本的な感情に対応して、38種類のレメディがあります。

今回のお話会では、バッチフラワーレメディの基本的な知識やご自分に適したレメディを選ぶ指標をお話し致しますが、フラワーレメディにとって最も大切なこと、つまりそれは38種類の植物(正確には37種類の植物+1種類の石清水)を知ることの大切さをお伝えしていきたいと思っています。

ですのでお話会では、レメディ植物の全体像(花の咲き方や生育場所、葉の作りなど)、植物の素晴らしさのお話が中心となります。

例えば、 

インパチェンス(ほうせんか)=思い通りに事が運ばないとイライラする人に

49c592fe057a4494.jpg 

 

と書かれている書籍やホームページが多くありますが、インパチェンスという植物を実際に観察すると・・・ 続きは、お話会で。

 

Kahori流フラワーレメディお話会は、フラワーレメディが全く初めての方、もちろん昨年お話会に参加された皆様も対象です。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

なおスペースの関係で、募集人数は10名程度とさせていただきますのでご了承下さい。

詳細は、すぐにお知らせいたします。

スポンサーサイト



コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
プロフィール

KagurazakaKahori

Author:KagurazakaKahori

営業時間は、Webサイト「お店のご案内」をご覧ください。

ハーブには、人の心と体を癒す力があります。人は森で生活していたころから、さまざまなハーブを用いてきました。
この200年ほどは、人工的な生活環境で過ごしていますが、長い森の生活の遺伝子は、まだまだ変わっていません。
kahoriは、現代社会でのさまざまな違和感を解消するために、ハーブの調合、フラワーレメディ(花療法)、そしてアロマテラピーを融合させて効果を高めたいと考えています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード