FC2ブログ

かほりのなかまたち

(旧 神楽坂Kahoriブログ)

ホームページはこちら → 神楽坂Kahori (別ウィンドウで開きます)

レメディは、いつまで服用を続けるのでしょうか? 



フラワーレメディによる変化は、人によって異なります。


054.gif



1
本目を飲み終えたお客さまより、「同じものを飲んだほうがよいのか、違うものを飲むべきか迷っています」と、よくお問い合わせをいただきます。

最初に飲んだレメディが「飲んでいると、とても楽になる」「もう少し飲みたい」と感じたのでしたら、素直にご自身の声に従うのをお勧めします。
あるいは1本目のレメディを飲みながら、新たなご自分が見えたり、心の奥底にしまっておいた別の感情が現れたら、レメディを検討して変更するのもよいのではないでしょうか?


このようにご自身を見つめることはとても重要なことで、フラワーレメディを選択する際には、とても大切なプロセスのように思います。

もちろんレメディが「不要」「何だか飲む気がしない」と感じた時には、しばらくお休みしても構いません。それは、ご自身が一番よく知っています。

 


137be549a8763110.jpg


「ご自身の今の気持ち」に正直に、そして「ご自分の声」に耳を傾けること、まずは、それが大切なことと思います。



     
  xxx   ピョンピョン   xxx   でした

スポンサーサイト



コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
プロフィール

KagurazakaKahori

Author:KagurazakaKahori

営業時間は、Webサイト「お店のご案内」をご覧ください。

ハーブには、人の心と体を癒す力があります。人は森で生活していたころから、さまざまなハーブを用いてきました。
この200年ほどは、人工的な生活環境で過ごしていますが、長い森の生活の遺伝子は、まだまだ変わっていません。
kahoriは、現代社会でのさまざまな違和感を解消するために、ハーブの調合、フラワーレメディ(花療法)、そしてアロマテラピーを融合させて効果を高めたいと考えています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード