FC2ブログ

かほりのなかまたち

(旧 神楽坂Kahoriブログ)

ホームページはこちら → 神楽坂Kahori (別ウィンドウで開きます)

フラワーレメディーのトリートメントボトル(TB) 


フラワーレメディーを使う時、良く使われるのが「トリートメントボトル」です。
トリートメントボトルとは、何種類かのレメディーを混合して保存しておく容器のことで、レメディーを携帯するのにとても便利なものです。

ご自分に合ったレメディーを選び、自分だけのトリートメントボトルを作ってみましょう。

まずは、30mlのスポイト付きトリートメントボトルを用意します。

当ショップKahoriでは、 10mlと30mlのスポイト付きトリートメントボトル、20mlのスプレータイプのボトルを取り扱っております。

例えば、 10mlですと、7日から10日間、30mlでは約3週間程度服用できるかと思います。

 

ボトルの中に、ミネラルウォーターを入れます。水道水には不純物が多く含まれているため適しません。蒸留水も避けた方が良いでしょう。

適量のミネラルウォーターの入ったトリートメントボトルに、選択したレメディー(最大7種類程度まで)、それぞれ2滴を入れます。

(保存のために、ブランデーかビネガーを小さじ1杯程度入れておくと良いでしょう。)

作成したレメディーは、3週間くらいで飲みきるようにしましょう。1日4回、4滴ずつ服用すると、ちょうど良く使いきることができます。

保管場所にも気をつけましょう。高温多湿の場所は避け、くれぐれもバックに入れたままにしておかないようにしましょう。     

                                

この続きは、次回になります。

スポンサーサイト



コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
プロフィール

KagurazakaKahori

Author:KagurazakaKahori

営業時間は、Webサイト「お店のご案内」をご覧ください。

ハーブには、人の心と体を癒す力があります。人は森で生活していたころから、さまざまなハーブを用いてきました。
この200年ほどは、人工的な生活環境で過ごしていますが、長い森の生活の遺伝子は、まだまだ変わっていません。
kahoriは、現代社会でのさまざまな違和感を解消するために、ハーブの調合、フラワーレメディ(花療法)、そしてアロマテラピーを融合させて効果を高めたいと考えています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード