FC2ブログ

かほりのなかまたち

(旧 神楽坂Kahoriブログ)

ホームページはこちら → 神楽坂Kahori (別ウィンドウで開きます)

「セレンディップの三人の王子」のお話 

明後日5/23(日曜日)フラワーレメディBasicセミナーにご参加される方は、出来ればセミナーの前にご一読下さい(もちろん強制でも宿題でもありませんので、ご安心くださいね)

 


「セレンディップの三人の王子」

このお話は、セイロン(アラビア語:セレンディップ)に伝わる
民話( The Three Princes of Serendip)で、
今のスリランカがセレンディップ王国と呼ばれていた頃のお話です。
 
その国を治めていたジャイヤ王は、3人の王子たちを旅に出します。
その頃、王国の周りの海にはドラゴンが現れ、王様はこれに悩んでいました。

王子たちを旅に出した目的は、そのドラゴンを退治する
秘薬の調合法を探すものでしたが、同時に王位継承の修行の旅でもありました。

その旅のなかで、王子たちはいろいろな経験をし、
ときには危機的な状況に陥りますが、持ち前の機知を働かせながら、
知恵と勇気を身につけ、人格を磨き、人間として大きく成長して母国へ帰ります。

残念ながら、最後までドラゴンを退治する秘薬のレシピは
見つからなかったのですが、旅を通じて求め続けたものは、
実は「自分の内側にすでに備わっていた」ことに気づく・・・というストーリーです。 



このお話をすべてblpgに書くのは難しいので・・・・(すみません

このお話しに興味が湧いた方は、あとは「セレンディップの三人の王子」でリサーチしてみてください。
ちなみに書籍もありますので、図書館でご覧になるのもよいかもしれません。
 
                                043.gif
スポンサーサイト



コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
プロフィール

KagurazakaKahori

Author:KagurazakaKahori

営業時間は、Webサイト「お店のご案内」をご覧ください。

ハーブには、人の心と体を癒す力があります。人は森で生活していたころから、さまざまなハーブを用いてきました。
この200年ほどは、人工的な生活環境で過ごしていますが、長い森の生活の遺伝子は、まだまだ変わっていません。
kahoriは、現代社会でのさまざまな違和感を解消するために、ハーブの調合、フラワーレメディ(花療法)、そしてアロマテラピーを融合させて効果を高めたいと考えています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード