FC2ブログ

かほりのなかまたち

(旧 神楽坂Kahoriブログ)

ホームページはこちら → 神楽坂Kahori (別ウィンドウで開きます)

ハーブセミナーこぼれ話ーアカシヤとキリン 

今日、11月3日のハーブセミナーでのこぼれ話。

 

植物は偉大です。今日は、アカシヤのお話。

 

アカシヤは、群れをなして生えています。キリンは、アカシヤが大好きです。キリンがアカシヤに近づき、まず、あるアカシヤが食べられます。そのとき、そのアカシヤは、メチルジャスモネードという揮発性物質を放出します。その成分に、キリンは気づきません。しかし、この成分は、半径500メートルくらいまで届きます。そして、この成分を感じた別のアカシヤは、からだの表面いっぱいに「タンニン」というアクの成分を出します。また、メチルジャスモネードもさらに放出します。

 

キリンが次のアカシヤにゆき、さあ、食べようとしたとき、タンニンがついた葉や枝を食べることになります。しかし、キリンはタンニンが大嫌いで、すぐに、吐き出してしまいます。このようにして、アカシヤは、キリン情報を周りのアカシヤに伝達し、アカシヤの群れは、キリンから守られます。

 

植物は動けないけれど、種の生存のための防御システムをいろいろともっています。

 

とね。

 

スポンサーサイト



コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
プロフィール

KagurazakaKahori

Author:KagurazakaKahori

営業時間は、Webサイト「お店のご案内」をご覧ください。

ハーブには、人の心と体を癒す力があります。人は森で生活していたころから、さまざまなハーブを用いてきました。
この200年ほどは、人工的な生活環境で過ごしていますが、長い森の生活の遺伝子は、まだまだ変わっていません。
kahoriは、現代社会でのさまざまな違和感を解消するために、ハーブの調合、フラワーレメディ(花療法)、そしてアロマテラピーを融合させて効果を高めたいと考えています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード