FC2ブログ

かほりのなかまたち

(旧 神楽坂Kahoriブログ)

ホームページはこちら → 神楽坂Kahori (別ウィンドウで開きます)

インフルエンザの季節がやってきました 

今年は例年より早いインフルエンザ流行の兆し。

手洗い・うがいはもちろんのこと、外出の際はマスクを着用、室内では空気の乾燥を防ぐよう心がけましょう。

 

さてインフルエンザといえば、フィトセラピー(植物療法)の世界では、インフルエンザの特効薬といわれるハーブがエルダーです。

これまでエルダーは、風邪や感染症対策に、ヨーロッパ各地で広く民間治療に用いられてきました。現在でもエルダーフラワーは、医薬品として初期の風邪や発熱性疾患、副鼻腔炎などに処方されます。

またイスラエルや北米では、果実のサプリメントが風邪予防に販売されるなど、身近な薬用植物として親しまれています。

風邪予防に「エキナセア」、もしひいてしまったら「エルダーフラワー」といわれるほどです。

それはエルダーフラワーの持つ発汗作用、解熱作用、抗炎症作用によるところが大きいと思います。実際に、エルダーフラワーのハーブティーを、熱いうちにゆっくり飲むと、汗をかいて熱がひいていきます。

 


当ショップ<かほ里>がおすすめする、風邪やインフルエンザ対策のハーブレシピをご紹介します。

 

<おすすめブレンド>

1.インフルエンザや風邪予防として、エキナセア、ローズヒップ、リンデンフラワー、レモンバームのブレンド

2.ひきはじめの風邪症状には、エルダーフラワー、クリーバース、ヤロウのブレンド

3.長引いた風邪が治りきらないときには、エキナセア、ジンジャー、レモングラス、ローズヒップのブレンド

ハーブティーの有効成分は「水溶性」ですので、尿として排出されます。

ですから、体に効果的な飲み方は、「一度に大量に飲む」より「数回に分けて少しずつ飲む」ことです。できれば、朝と夜に分けて飲んでみてください。

 

 

などなど・・・ ハーブティーは様々な症状に応じて飲用すると非常に効果的です。

ただし、妊婦や授乳中の方、小児への使用は避けましょう 

スポンサーサイト



コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
プロフィール

KagurazakaKahori

Author:KagurazakaKahori

営業時間は、Webサイト「お店のご案内」をご覧ください。

ハーブには、人の心と体を癒す力があります。人は森で生活していたころから、さまざまなハーブを用いてきました。
この200年ほどは、人工的な生活環境で過ごしていますが、長い森の生活の遺伝子は、まだまだ変わっていません。
kahoriは、現代社会でのさまざまな違和感を解消するために、ハーブの調合、フラワーレメディ(花療法)、そしてアロマテラピーを融合させて効果を高めたいと考えています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード