FC2ブログ

かほりのなかまたち

(旧 神楽坂Kahoriブログ)

ホームページはこちら → 神楽坂Kahori (別ウィンドウで開きます)

メディカルハーブで花粉症予防 

イギリスなどのヨーロッパ各地では、170年ほど前からイネ科植物の花粉症が知られており「枯草熱(hay fever)」という名前で呼ばれていました。アメリカでは全人口の515パーセントがブタクサ花粉症に悩んでいます。

日本で最初に報告されたのはブタクサ花粉症でしたが、1964年にスギ花粉症が発見され、1976年春の大発生以来、何度も大発生を繰り返しています。

スギ花粉症は日本の花粉症の8割以上を占めるといわれています。関東地方はスギ、ヒノキ科の空中花粉数が多く、スギ花粉症の有病気率も高くなっています。

 

花粉症と聞くと、すぐにスギ花粉が連想されるほど有名ですが、花粉症を引き起こす植物は他にもたくさんあり、日本では50種類以上の原因花粉が報告されています。

樹木ではスギ(2~4月)、ヒノキ(3~5月)など。ほかにイネ科植物のカモガヤ(5~7月)、オオアワガエリ(5~8月)など、キク科植物のブタクサ(8~10月)、ヨモギ(8~10月)、セイタカアワダチソウ(1011月)なども花粉症の原因になります。

 

昔からスギの花粉は飛んでいます。ではなぜこんなに花粉症の人が増えたのでしょうか? 

大気汚染物質の中でも特にディーゼル排気ガスに含まれる微粒子(DEP)がスギに対する抗体の産生を増加させるという報告(アジュバント作用)が多く認められ、スギ花粉に対して過敏性が高まることも指摘されています。
また他にも水質、土壌などの環境汚染、食生活の欧米化、農薬・添加物などによる化学物質の過剰摂取、ストレスの増大などにより、日本人の免疫力変化が花粉症の原因と言えます。

花粉症がひどい人にとっては、スギなどのアレルゲンを恨みたい気持ちもわかります。

まずは、環境の改善・・・これは、花粉症の人もそうでない人も、考えなければならない問題かもしれません。

 

 

花粉症の症状

花粉がカラダに入ると、アレルギーを起こす物質が出ます。この「抗原」と戦うのが「抗体」で、「抗原」を捕まえた時に、ヒスタミンやロイコトリエンなどの神経を刺激する物質を出します。

その刺激を受けて、カラダは異物が入ったことを察知して、様々な症状が現れます。

 

花粉症はアレルギー性鼻炎のひとつで、主な症状にくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ(アレルギー性結膜炎)があります。この症状は、くしゃみで鼻に入ってきた花粉を外に追い出し、鼻水で花粉を鼻の外へ流し、鼻がつまることでこれ以上の花粉が入らないよう防御するという、人体に備わった防御反応です。

この防御反応には個人差があり、反応が全く出ない人もいれば、過敏に反応が出るという人もいます。

くしゃみ、鼻水、鼻づまりという症状があっても、花粉症ではないということもあります。鼻炎や副鼻腔炎、風邪などは症状が似ていて紛らわしく自分では判断が困難です。こういった症状が出たときには、医師の診断を受けて適切な処置を受けることが大切です。
特に鼻づまりは対策をとらないでいると、集中力が低下する「鼻性注意不能症」になることがあるので注意が必要です。

さらにアレルギー反応により炎症が起こると、そこに大量の活性酸素(体を酸化させ、アレルギーだけでなくガンや動脈硬化などの生活習慣病、老化を引き起こす)が発生し、症状はさらにひどくなります。

ポリフェノールは、神経を刺激するヒスタミンなどの発生を抑える働きがあるだけでなく、活性酸素を抑制する抗酸化作用があるため、炎症を緩和すると考えられています。

ほとんどの野菜や果物はポリフェノールを含んでいます。というのは、ポリフェノールは植物が光合成によってできた色素や苦味の成分だからです。

ポリフェノールの他にも、淡色野菜に含まれるイオウ化合物、緑黄色野菜に多く含まれるβ-カロテンなどの植物性の化学物質はファイトケミカルと呼ばれ、抗酸化作用や免疫力を高める働きがあります。ビタミンCやビタミンEなどのビタミンも、活性酸素を抑える働きが知られています。

花粉症のつらい症状をできるだけ軽くするためには、ビタミンやポリフェノールを多く含む野菜をしっかり食べることを心がけましょう。そして甘いものや動物性タンパク質、脂肪をとり過ぎないように、またストレスとうまく付き合うことも大切です。

花粉症対策としてのハーブ療法

ハーブは自然療法の一つとして長い歴史があり、世界中で多くの人に信頼されてきました。

アロマセラピーが植物の芳香成分を抽出してできた精油を活用するのに対し、花粉症対策としてのハーブ療法は植物全体をそのまま活用するものですが、療法として用いられるだけでなく、料理のスパイスや化粧品の原料としても私たちの生活に欠かせないものになっています。

欧米ではアレルギー性の症状を緩和する手段として古くからハーブが用いられていました。

日本でも近年、花粉症で苦しむ人の増加によって、ハーブが注目されています。

花粉症の緩和に効果的なものには、エキナセア、エルダーフラワー、ネトル、ペパーミント、シソ、ヨモギ、パセリなどがあります。それぞれハーブには特性があり、自分の症状に合わせたハーブを上手に選んでハーブティーやハーブ湿布などにして利用します。

(利用法の一例:充血には、消炎作用のあるカモミールジャーマンティーを冷まし、ガーゼなどに浸した冷湿布を目に当てましょう。のどの痛みや不快感には、ローズマリーセージ・レモンタイムのハーブティーを冷ましたものでうがいをするとスッキリします)

 

4cd0ff7d237c16a0[1]

 

最近、花粉症にはミントやシソなどのシソ科のハーブに含まれるポリフェノールが有効という話題がよく出ますが、シソ科の仲間であるレモンバームにも効果があるという研究報告が出ました。

玉川大学農学部の研究で、数あるハーブの中でも、このレモンバームが抗アレルギー作用では非常に高い効果があることが確認されたのです。

レモンバームのロズマリン酸というポリフェノール化合物が、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンの過剰分泌を抑える働きがあり、鼻づまりなど不快な症状を緩和するのです。

さらに、この成分は生活習慣病の原因となる活性酸素を除去する作用もあります。

このロズマリン酸の他にも、シトラール、シトロネラール、リナロールなどの香り成分が含まれ、花粉症に伴うイライラを沈める働きもあり、精神的ストレスの解消に役立ちます。

ハーブ療法は安全に行えば副作用はなく、自分や家族にできるケアとして、また自然の恵みを最大限に活かす手段として家庭や医療の中でこれからも利用されていくものと思われます。

 

*:;;;:*゚。++。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。++。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。++。゚+*:;;;:*

 

ハーブ療法を含むフィトセラピーのような自然療法では、花粉症などのアレルギーは消化器系機能と密接に関係すると考えます。(免疫システムが消化器系に集中しているため)

ハーバリストとしては、対症療法(特にヒスタミンなどによる西洋医学的療法)には少し疑問を感じるのは正直なところですが、それでもやはり症状が悪化しているときはつらいので、その時には抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤を服用、もしくは点眼・点鼻薬をどうぞ・・・・

いずれにしても、花粉症は花粉の季節だけ何とか症状を和らげたら良いという考え方ではなく、アレルギー体質そのものを改善していくのが、ハーブ療法のゴールと考えています。

 

最後に・・・

花粉症対策の一つにアロマセラピーによる方法もあります。
アロマセラピーとは、芳香植物の精油を活用して心身の健康を保つ療法です。

現在では香りや癒し効果にとどまらず、健康面でも幅広く活用されています。副作用の少ないアロマセラピーは、近年多くの医療機関で取入れられています。

アロマセラピーで花粉症対策・・・ 詳しくは後日、更新いたしますので、お楽しみに

 

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・

 

 

神楽坂Kahoriでは、花粉症対策ハーブブレンドSeason & care>の販売を始めました。

ブレンド内容:ネトル・エルダーフラワー・レモンバーム・レッドクローバー・パセリなど全9種類のメディカルハーブを使用

詳細は神楽坂Kahoriまでお問い合わせください。

 

 

スポンサーサイト



コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
プロフィール

KagurazakaKahori

Author:KagurazakaKahori

営業時間は、Webサイト「お店のご案内」をご覧ください。

ハーブには、人の心と体を癒す力があります。人は森で生活していたころから、さまざまなハーブを用いてきました。
この200年ほどは、人工的な生活環境で過ごしていますが、長い森の生活の遺伝子は、まだまだ変わっていません。
kahoriは、現代社会でのさまざまな違和感を解消するために、ハーブの調合、フラワーレメディ(花療法)、そしてアロマテラピーを融合させて効果を高めたいと考えています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード