FC2ブログ

かほりのなかまたち

(旧 神楽坂Kahoriブログ)

ホームページはこちら → 神楽坂Kahori (別ウィンドウで開きます)

ゲンチアンと天空の思い出 

gentian2.jpg gentian.jpg

こんばんわ、ヨウヨウです。今日は、ゲンチアンについてお話しますね。

 

 

ゲンチアンは、牧草地のゆるい傾斜地に育ちます。ほかの植物を見ているのか、それとも見ていないのか、よくわからないけど、自分の位置を確かめて生きています。

ただ、隣のゲンチアンとは一定の距離を置いて育ちます。あまり自分の領域に他人が入ることは心地よくないようです。ただ、ひとりもいやで、特殊な間合いがあるようです。

ゲンチアンは、二年草です。一年目は、10センチくらいにしかなりせん。他から見ると、なにをやっているか、やる気はあるのか、まったく不思議な草です。

しかし、二年目は花を咲かせます。ゲンチアンは、開花までは驚くほどゆっくりと成長してゆきます。

やっと二年目にして、花々は密集して咲きます。虫が入り込まないよう用心用心です。ゲンチアンは警戒心が非常に強い草です。

ゲンチアンの花は、空を向いて咲きます。現実よりも、天空にあこがれて、遥か遠くの国を夢見て生きています。

 

 

はて、ヨウヨウは解説のしすぎでした。ゲンチアンは、天空から地上に落ちたコロポックルかも。

天空の思い出に浸っていたりして。ゲンチアンの用心深さは、この世に馴染んでいないので、警戒して生きているからかも。大切な処世術ですね。ゲンチアンさん、頑張れ。

ヨウヨウは、そんなゲンチアンを応援します。バブー。

ヨウヨウでした。
 

 

おまけです: 

コロポックル(Koropokkur) ・・・ アイヌの伝承に登場する小人のことです。

                  アイヌ語で、「蕗の葉の下に隠れている人」という意味です。

 

信州の霧ケ峰から美ヶ原にかけて、昔々、妖精さんが住んでいたという神話があります。そのあたり、神々と妖精さんが大切にしている場所です。少しだけ、秘密だけど、まあいいか。

 

 

 

スポンサーサイト



コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
プロフィール

KagurazakaKahori

Author:KagurazakaKahori

営業時間は、Webサイト「お店のご案内」をご覧ください。

ハーブには、人の心と体を癒す力があります。人は森で生活していたころから、さまざまなハーブを用いてきました。
この200年ほどは、人工的な生活環境で過ごしていますが、長い森の生活の遺伝子は、まだまだ変わっていません。
kahoriは、現代社会でのさまざまな違和感を解消するために、ハーブの調合、フラワーレメディ(花療法)、そしてアロマテラピーを融合させて効果を高めたいと考えています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード