FC2ブログ

かほりのなかまたち

(旧 神楽坂Kahoriブログ)

ホームページはこちら → 神楽坂Kahori (別ウィンドウで開きます)

太陽神への捧げ物 ~カマイ・メロン~ 

カマイ・メロンとは「カモミール」のことです。

ギリシャ語の大地「khamai」とリンゴ「melon」に由来しているので

別名「大地のリンゴ」とも呼ばれています。

カモミールの花の香りはよくリンゴの香りにたとえられます。

(メロンだけどリンゴ・・・(゚ー゚*?)オヨ?

 

キク科の植物で和名は「カミツレ」。

カモミールにはいろいろな種類がありますが、

アロマテラピーで使われるのは

ジャーマンカモミールとローマンカモミールの2種類の精油です。

 

Mr

 

Cn

 

ジャーマンカモミール

ローマンカモミール

一年草

多年草

芳香「花のみ」

芳香「全草」

花の苦み「弱い」(ハーブティー)

花の苦み「強い」

精油の色「濃い青色」(アズレンブルー)

精油の色「薄い黄色」

 

古代エジプト人はローマンカモミール太陽神への捧げ物とし、

治癒の秘薬、最高のハーブとしてたたえました。

 

カモミールの花言葉は「逆境に負けない強さ」

「踏めば踏むほどよく育つ」植物と言われています。

また、カモミールは「植物のお医者さん」とも言われ、

他の植物を健やかに保つ力があります。

 

ジャーマンカモミール抗炎症や抗アレルギー作用をもたらす成分が

ローマンカモミールより多く含まれているため、アトピーによる湿疹や痒み、

ニキビや火傷など肉体面に、ローマンカモミールは鎮静や鎮痛作用に優れているので、

イライラや不安など精神面に使われることが多いです。

 

 

(精油は取扱いに注意が必要ですのでご不明な点は当ショップまでお問い合わせ下さい)

 

 

スポンサーサイト



コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
プロフィール

KagurazakaKahori

Author:KagurazakaKahori

営業時間は、Webサイト「お店のご案内」をご覧ください。

ハーブには、人の心と体を癒す力があります。人は森で生活していたころから、さまざまなハーブを用いてきました。
この200年ほどは、人工的な生活環境で過ごしていますが、長い森の生活の遺伝子は、まだまだ変わっていません。
kahoriは、現代社会でのさまざまな違和感を解消するために、ハーブの調合、フラワーレメディ(花療法)、そしてアロマテラピーを融合させて効果を高めたいと考えています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード